こんな簡単なことでほうれい線が消えるの?!

ほうれい線消す > 日ごろのケアでほうれい線消す方法

日ごろのケアでほうれい線消す方法

だんだんと目立ってくる、口のわきの2本のしわ「ほうれい線」。年齢のせいだとあきらめたり、高額の化粧品を買いあさる前に、まずは自分でできることを試してみませんか。 簡単ですぐにできる日ごろのケアをご紹介します。
肌のハリ・弾力を取り戻すための食べ物は?

1・正しい洗顔法を身につける
当然のことながら、洗顔には注意が必要です。肌を傷つけないようにいたわるように洗うのがしわのできない洗顔の重要なポイントです。まず、洗顔石鹸や洗顔フォームを、泡立てネットなどを使ってふわふわの泡を作りましょう。

その泡を優しく、顔全体に転がすようにつけていきます。そのあとに、石鹸が残らないようによくすすぎます。最後に冷水で引き締めれば完成です。急きょお泊りの際に活躍する「拭くだけコットン」ですが、便利な分、肌を傷め、しわができる原因にもなりますので使いすぎには気をつけましょう。

2・正しい睡眠法を学ぶ
美しい肌を手にいれるためには、睡眠時間が大切です。肌のゴールデンタイムと言われる「22~2時」は、ぐっすりと寝ることが大切です。睡眠時間をともに、ほうれい線を防ぐためには、寝方も大切。横向きに寝ると、下のほうに頬肉が下がってしまい、ほうれい線がくっきりとでてしまいます。仰向けで寝るように心がけましょう。
i-VoCE

3・口呼吸より鼻で呼吸
意外と知られていないのが、しわができにくい呼吸の仕方です。実は、日本人半数以上が、鼻ではなく口で呼吸をしていると言われています。口呼吸を続けていると、口まわりの筋力の低下を招き、頬や口元がたるんでしまうことをご存知でしたか?

口を閉じたままにしておくのも、口の筋肉を鍛えることになります。表情筋を鍛えるトレーニング器具も販売されていますが、それよりも、日ごろから意識して口を閉じて鼻呼吸をするだけで、老化防止の効果があります。

いかがでしたでしょうか?自分の日ごろのちょっとした努力で、ほうれい線は薄くすることができます。毎日の努力を怠らず、若々しい美顔を手に入れましょう。